電話番号:075-365-8885 受付時間:9:00~21:00

安さの秘密

京都で安くでリフォームが出来る秘密

京都で、すんごい安くでリノベーションが出来る秘密があります。安かろう悪かろうではなく、本当に必要な費用と不要な費用を明確化しただけです。よく、見積書に「諸費用」や「一式」とういう文言が使用されますが、本当は「利益」です。そこを明確に京都の皆様に正当な価格でリノベーションを行なっています。

万が一、最終的に当社より安いところがあればお知らせください。精一杯の努力をさせて頂き、徹底対抗させて頂きます。

リフォームが出来る秘密

①営業・宣伝広告費を掛けていません。

多数の営業マンも置かず、ホームページのみの営業です。テレビやラジオの宣伝もせず、新聞折り込みのチラシも撒きません。
モデルハウスや、ショールームも作りません。もしも、このような営業活動を行った場合、その費用は建築費の一部として、お客様が負担することになります。

営業・宣伝費を掛けていません。

②建築資材は現金一括共同購入方式です。

住宅の建築費の60%は木材など建築資材の費用といわれております。
したがって建築資材の購入価格によって住宅の建築費は大幅に変わります。
弊社では大規模な資材共同購入ルートを持ち、木材・新建材から設備機器に至る約6000品目の建築資材を、一流メーカーから現金一括で共同大量購入し建築コストの引き下げに努力しております。

建築資材は現金一括共同購入方式です。

③材料支給型の材工分離発注方式工法です。

お客様とのご契約後、工事を一括して他の建築会社や工務店に発注する方式ではありません。
大工さんを始め各職人さんなど技術の確かな職人さんを「ブレーン」約数百名の中から厳選し、各工事ごとに材料を支給する材工分離による手間請け発注方式を採用しております。
なお、実際の工事にあたっては、弊社の技術者が定期的に建築現場に出向き、図面に基づいて適正な工事が行われているかをチェックし、工程管理や品質管理を行っております。

材料支給型の材工分離発注方式工法です。

④リアルタイムなコスト効率化。

工事のコストの効率化を図るべくコンピューターを活用し、積算・材料発注・支払システム、さらにリアルタイムな資材価格管理。
 
資材配送システムの自動化など弊社独自の業務。
 

リアルタイムなコスト効率化。

一連の業務を1人の担当者が行うことにより効率化による事業コストの削減。
そして安心と信頼を提供します。

そして、工事、不動産のご相談から契約・工事・完成お引渡し・アフターメンテナンスまでの一連の業務を1人の担当者が行う事による、効率化により事業コストの削減。そして、安心と信頼。
 
さらに、大幅に建築コストを引き下げ、品質とサービスの向上に努めております。

一連の業務を1人の担当者が行う

『なぜ大手リフォーム会社の価格は高いのか?』
ポータルサイトから一括見積りをすると高くなるというのは本当?

ポータルサイト一括見積り

なぜ、大手リフォーム会社は高いのか

誰もが名前を知っているあの会社。なぜ名前を知っているのか?
それはTVCMや新聞への折り込みチラシなど、広告宣伝費をかけて大々的に宣伝をしているから!
そしてその広告宣伝費はというと、実は工事費に上乗せされる形で顧客が払っているのです!
さらには、モデルハウスやショールームの運営費、一等地に構えたオフィスの家賃なども工事費に上乗せされることとなります。
つまりこれらがリフォームにかかるお金という訳です。
大手リフォーム会社のリフォーム価格が高いのも、当たり前ですよね。

ポータルサイトで一括見積りすると高くなるのか?

弊社にも沢山のポータルサイトから「御社を掲載しませんか!」という電話やメールの営業が沢山あります。
よく聞いてみると掲載料金が数十万円~数百万円。更に見積もりの依頼があれば1件に付き数千円~数万円。更に年会費や更新料など沢山の費用がかかります。
これを払ってリフォームの工事費が安く出来る訳がありません。
万が一安いとすれば、手抜き工事をしているか、安い材料などで誤魔化すしかありません。
少し考えれば誰が損をして誰が得をするのか解りますよね。
また、業界でよく聞くのが、職人さんの手間賃が後から値切られたり、未払いにされるケースもあります。
そんな会社は毎回毎回新しい職人さんを探しています。職人さんを泣かせてまで利益を出すような事は許せません。

弊社はは余計な費用がかからないため安い!

一方、弊社はどうかと言うと、積極的に宣伝をしているところは少ないでしょう。代々その街の建物のリフォームを手掛けており、お客様に満足してもらえれば口コミや紹介またはHPが宣伝となるため、特別な経費はかかりませんのでリフォームの工事費が安く出来る訳です。

タイトルとURLをコピーしました