電話番号:075-365-8885 受付時間:9:00~21:00

店・部屋の模様替えとリフォーム

もし、店や家に居るよりも外の寛げる場所に居た方が居心地がいいとしたら??ちょっとそれは危険信号ですね(笑)。ここでは単純に、空間としての居心地の良さ、ということを考えたいと思います。もし店・家が適度に片付いていて、でも別の場所、カフェや喫茶店などに居る方が心地がよいのでしたら、店・家の中に、自分としっくりこない空間があるということなのです。まずそれを明らかにしていきましょう。例えば椅子に座ったときの部屋の景色。照明の明るさ。色合い。部屋全体の空気、匂い、湿気。原因は一つではないと思います、いくつかの気にいらない要因がかさなり、居心地が悪くなるのです。反対側からでは、お気に入りの場所がなぜ居心地がいいか、椅子のデザインか、机の高さか広さか、窓からの日光の入り具合か?それらを考えてみてから、まずは自分で変えられるところからやってみましょう。これは部屋の片づけとは違います。最初にこう変えたいビジョンがあって、その意思の元、部屋のデザインを変えていく作業です。何か所か変えていくと、印象が随分変わってくることがわかってくると思います。そうなると、だんだん楽しくなってきます。これを置くともっといいインテリアや家具があるんじゃないかな?などなど、そうして実行していくうちに、その店・家が一番居心地のよい空間になるのです。
 ここまでは、店や部屋の中の配置や色合い、照明・インテリアで変えられる部分。しかし、構造的にサービスを提供しにくい、暮らしにくい、しっくりこない、という部分があったとき、「リフォーム」という言葉が頭に浮かぶことでしょう。「リフォーム」は最初は大げさなことに思えますが、先ほどの模様替えの大きい版、と思ってもらえれば、少しは現実的に考えられると思います。今は住宅展示場なども各所に
ありますから、違う家の構造なども見てみて、具体的に改善すべきところはどこなのか、どういう方向なのか、を考えながら、ぜひご相談に来ていただければと思います。漠然としたイメージでもかまいません。それを具体的な形をしていくのが我々の仕事ですから。小さなことから大きなことまで、ご相談はご遠慮なく!

どうぞお気軽にお問い合わせくださいね。

京都でリフォームするなら工務店で!

宜しくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました