電話番号:0120-136-888 受付時間:9:00~21:00

造作建具を使ってリフォームしませんか?

リフォームをする際、デザインを起こしていく中でクロスや床材といった平面をとても気にされるお客様が多い中

建具や窓で見た目が大きく変わることを、ご存知ないお施主様が多いようです。

一般的には、ドアには色々な種類がありますが室内であれば、開き戸、引き戸、外部であれば玄関ドアといった

住宅には様々なドアがあります。

ドアにはメーカー様から販売されている新建材と、おうちに合わせて建具屋さんが作る造作建具があります。

新建材と造作建具には各々メリットデメリットがあります。

新建材は集成材にプリントを貼り付けて作成されている為、デザイン的に制限がありますが、反りがなかっらり

動きの調整がしやすかったりしますしサイズに制限があります。それにたし造作建具は大工さんが作った枠に合わ

せてオリジナルで作る為、サイズや材質、デザインに至るまで自由にに選ぶことができまが木材等で作る為、気候

や季節によって反りが出たりしますので、メンテナンスが必要になります。

一般的なハウスメーカー様などはLIXIL様やパナソニック様から出ている、いわゆる新建材を使用されることが

多いようですが、デザインが一律になりがちです。

造作建具は大工さんが作った枠に対して作りますので非常に空間が豊かになると思います。

また、手に触れる取手なども自由に選ぶことができます。

造作建具で一味違うリフォームをしませんか?

リフォームを京都でお考えの方はお気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました