電話番号:075-365-8885 受付時間:9:00~21:00

京都市上京区の住宅の塀の塗り替え塗装工事をさせていただきました。

外構の塀の塗装、気になっていませんか。
家の周りを囲む塀は、ご自宅の印象を大きく左右するものですよね。

どんなに頑丈な塀でも、やはり長い年月が経過すればヒビ・欠けなどのトラブルや経年の汚れなどが気になってくるのではないでしょうか。

外構の塀の経年劣化や汚れなど、何かしらのサインが出ているのに放置していては、手遅れになることも考えられます。中には危険なサインもあるのです。

外構 コンクリート塀の劣化には早めの対応がおすすめな理由

外構のコンクリート塀の劣化が気になるものの、いつ対応すべきか、どう対処すべきか、迷っていませんか。

外壁や屋根のメンテナンスを行うように、外構の塀についても定期的なメンテナンスは必要です。

見た目はもちろんですが、安全性からみても大きく劣化する前に塗り替えなどを行うことをおすすめ致します。なぜなら、コンクリート塀の定期的な塗り替えが、塀の寿命を伸ばすことにそのまま繋がるからです。

例えば20年~30年といった長い期間、塀のメンテナンスをしていない場合、

  • ・ヒビや割れがある
  • ・塗料が剥げて水分が染み込んでいる
  • ・ボロボロと崩れている部分がある
  • ・経年の汚れが落ちにくく見た目が気になる
  • ・塗装に膨れが出ている

といった症状が出ていませんでしょうか。そういった経年劣化等によるトラブルがどんどん進行してはいませんか。

あまりに症状がひどくなれば、大規模な補修や、塀を取り壊して作り直しなどといった工事が必要となり、膨大な費用がかかることも考えられます。また、突然の地震など自然災害で倒壊してしまう危険性も否めません。そうなってからでは遅いですよね。

こうしたことを避けるためにも、塀の劣化は放置せず、気になったらメンテナンスして、劣化をストップさせることが大切です。もちろん、費用面でも劣化が進む前のほうがお安く済ませることができます。

塀の塗装 寿命はどれくらい?

外構の塀は、塗装によってもその寿命が大きく変わります。

一般的に

  • ■コンクリート塀の寿命は15年
  • ■鉄筋コンクリート塀の寿命は30年

と言われています。

塗装や補修といった定期的なメンテナンスをしているかどうかは、塀の寿命にも大きな影響を与えます。
だからこそ、外構の壁の塗装は大事なんですね。

京都市上京区でコンクリート塀の塗装工事を承りました

この度、京都市上京区で外構のコンクリート塀の塗り替え工事をご依頼頂きました。
こちらのお宅の塀は、

  • ・雨だれによる壁の傷み
  • ・塗装の経年汚れ

といった症状が見られました。

塗装前の塀

こちらが塗装前の塀の状態です。経年の汚れが目立ちますね。

パテで補修

木製の柵からの雨だれでコンクリート塀に傷みが出ていました。これをパテで補修していきます。このように傷んだ個所を放置していると、中に雨水などが浸透し、塀の寿命も短くなってしまいます。
定期的にメンテナンスすることで、寿命も最大限伸ばすことができます。

郵便ポストやインターホンの養生

郵便ポストやインターホンなど、丁寧に養生して塗り替えを行っていきます。

塀の下部も養生

塀の下部も養生して塗装します。

塀の裏側も塗装

塀の裏側も塗装します。

浸透性の高い水性塗料を使用

今回はお客様のご依頼により、元の色に近い色で塗り替えしていきます。
コンクリート塀やブロック塀の塗装というのは、表面のひび割れなどを防ぐため、コンクリート対応、浸透性の高い水性塗料を使用しています。

外構の塀の色は元の色と同じ

外構の塀の色はお好みの色を選ぶこともできます。ご要望やご相談など、お気軽にお問い合わせ下さい。

塀の塗り替え工事完了

外構の塀の塗り替え工事完了です。塀の塗り替えで家全体の雰囲気もグンと明るい印象になりますね。

外構や塀などのお悩みは空間デザインエイトにご相談下さい

今回は、外構の塀の塗り替え工事についてご紹介しました。
あなたのお宅の塀はいかがでしょうか。もしご不安なことなどございましたら、経験豊富な『空間デザインエイト』へどうぞお気軽にご相談下さい。ご相談・お見積りは無料です。

>>> 空間デザインエイトへのご相談・お問い合わせはこちら

タイトルとURLをコピーしました