電話番号:0120-136-888 受付時間:9:00~21:00

京都市中京区の戸建リフォーム改修工事(フルリノベーション) 続き

現在、京都市中京区にて、戸建て住宅のフルリノベーション施工中です。内装・外観まるごとリノベーションしていく様子をこれから何回かに渡ってご紹介していきます。

前回のリノベーション施工の様子はこちら

リフォームやリノベーションで不便な配線周りも快適に

リビングやキッチンなど全ての設備を撤去し、その後は壁も全面張り替えとなります。壁を仕上げる前に、大事な配線関係をリノベーションしていきます。

生活していると、ここにコンセントがあったらいいのに、あと◯センチくらいずらしたい、など、利用環境に応じて、配線周りの改善をしたくなる部分があるものです。

ですが、電気の配線関係の工事には資格が必要ですし、コンセントの位置をずらせばほんの一部だけ壁の補修も必要になってしまいます。

一部だけ壁紙を切り貼りするような補修では見た目がよくありませんし、かなり目立つものです。

そのため、リフォームやリノベーションの際に合わせて配線をし直すのがベスト。リフォームやリノベーションを検討する際には、電気やインターネット回線など、配線関係の見直しも検討しましょう。

今回の戸建てフルリノベーションでも、そういった配線関係の見直しを行いながら、快適な住環境を整えていきます。

家具の配置などもシミュレーションしながら、配線の設計についてもお客様としっかり打合せをしました。

これまで無くて不便に感じていたという箇所にはコンセントを増設します。

設置する家具などに合わせて、使いやすい高さも確認しながら配置を決めます。

位置的に使いづらかったコンセントも、場所をずらして設置しなおします。

お掃除ロボット用のコンセントがあると便利ということでこちらも増設。

勝手口ドアの横にはスイッチだけでしたが、ここにもコンセントをつけました。車の掃除などで外でコンセントが必要なときにも便利です。

こちらにはエアコン取り付け用のコンセントを設置します。

配線の位置や増設場所など、全て完了したら、壁を仕上げていきます。

電気の配線リフォームには資格が必要

DIYでのリフォームは楽しいものですが、電気関係のリフォームとなると資格を持っていなければ工事できないこととなっています。

配線は不具合があれば火災など大きな事故に繋がる危険性も高く、資格所有者が工事をすることと「電気工事士法」という法律によって定められているのです。

電気配線周りなどを含むリフォームやリノベーションは、住宅設計施工のプロにご相談下さい。

私共では、住宅デザイン設計のプロとして、多数の施工事例がございます。現在のお悩みや改善したいポイントなどご相談下されば、ご予算に合わせて最適なご提案をさせて頂きます。

住宅に関するお悩み、お困り事など、ご遠慮無くお問い合わせ下さい。ご相談・お見積りは無料です。

>>> リフォームに関するお問い合わせはこちら

 

タイトルとURLをコピーしました