電話番号:0120-136-888 受付時間:9:00~21:00

<Movies & Renovation(リフォーム)>

 こんにちは!今年のGWは天気が割合良さそうだということで、お出かけをお考えの方は一安心ですね。

 さて、映画で見る様々なセットには、「統一感」があります。建物や部屋をデザインする際、この「統一感」はとても重要です。ここでひとつ質問を・・。

 「あなたの部屋を、今から映画のセットに使わせてください!」

って言われたら、どうしますか?きっとあたふたする人が大半のではないかと思います(私もです(笑))。普段はなかなか生活することに必死で、インテリアや家具の色合いや配置等の「統一感」ということを念頭におくことも少なく、しかもそれを実践している方は少数派ではないでしょうか?願わくば、普段の暮らしを少しでも暮らしやすくするためにそのような時間と心の余裕が欲しいものですね。
 リフォームを考える時にはコンセプトや統一感は当然重要な要素のひとつです。そこで。どの映画製作にも必ず「美術スタッフ」という役割をする人が、映画によっては何十人も居ます。この方々は、映画に出てくる建物・部屋を含むあらゆるもののデザインを、その映画自体のコンセプトに合わせ、統一感を持たせるためにあれこれ工夫を重ね、話し合いを重ね、現場のセットを作り上げていきます。考えてみれば建物も部屋も衣装も、一から作る場合も多いので本当に大変な作業ですよね。ですので、普段なにげな~く見ている映画のワンシーンを自然に目で追っていけるのは、その場面の光景に「違和感」が少ないからなのです。そしてその裏には美術スタッフさんの大変な努力が隠れているのです。ですので、大げさに言えば、映画の良い作品ではあらゆるカットがデザインの参考になるといっても過言ではありません。

 ただし!『アクション』とか、『SF』とかは避けてくださいね(もちろん家のシーンもあると思いますが・・)。できるだけ『ホームドラマ系』や『恋愛系』、『ファミリー系』、の日本映画・外国映画の名作を参考に見てみるのをオススメ致します。

 リフォームを考えるなら、工務店にご来店ください!笑顔のスタッフがお待ちしております。

よろしくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました