電話番号:0120-136-888 受付時間:9:00~21:00

古くなった雑居ビルをワンルームマンションにリノベーションする

たびたび、テレビや雑誌でリノベーションによって甦った、マンションや住宅が紹介されています。
京都にも、そういったリノベーション物件が、目立つようになってきました。

リノベーションは、既存の建物を、まったくイメージの違った空間に変身させ、
その価値や機能を高める効果があります。
そして、建物の用途も大きく変えることが可能です。

当社が、京都で行ったリノベーション工事の中に、
古くなった雑居ビルをワンルームマンションにリノベーションするという事例があります。

京都でも、築20年・30年経った雑居ビルが、空室のまま残されているのを見かけることがあります。
場所的には、駅からも近く便利だったり、京都の街の中心にあり、好立地に建っていても、
入居者が少なくなった雑居ビルは、あっという間に廃墟のような建物に変わってしまいます。

この京都の雑居ビルは、天井の高さや窓が大きく取られていることなどから、
ワンルームマンションへのリノベーションで、
まだまだ建物の価値が見い出せると判断して、工事にかかりました。
マンションの内装は、おそらく誰の目に見ても、
そこがかつて入居者が見つからなかった古い雑居ビルだったとは、
想像つかないような、デザイナーズマンションの一室です。

既存の建物をどのような用途の建物にリノベーションするかは、建物の立地条件や、
周りの環境によっても変わってくると思います。

ワンルームマンションに変身させるか、家族で暮らす2LDKや3LDKのマンションにリノベーションするか。
専門家の目で見て考えて、最も資産価値が上がりそうなリノベーションの提案をさせていただきます。

タイトルとURLをコピーしました