電話番号:0120-136-888 受付時間:9:00~21:00

安いリフォームと高いリフォームのその差を徹底比較


リフォームの見積もりをとると色々な価格の見積もりがあります。
何が違って、どこが良いのか素人判断では分かりにくいですよね。
そこで、適正なリフォームの価格を相場を見抜く為に見積もり価格の中身を暴いていきます。
 

上の図を見ると分かるように一番の要因はアイデアです。
予算と、やりたいリフォームの内容を比較してどこまでリフォームするのか?
また、もっと良い方法や、効率的なアイデアが出てくるのかです。
そこはリフォームのプロなら、リフォームの素人のお客様よりも最適なアイデアが出てきて当たり前です。
それが出せないリフォーム会社はダメです。
分かってても利益優先で言わないリフォーム会社もいるので聞き出しましょう。
 
次に要領の悪い人件費があるか無いかです。
これは全てのリフォームに携わる人が要領が良いか悪いかは分かりませんので他の業者の見積もりと比べて判断しましょう。
 
材料選びは、最近はネットで見る事も出来るのでキッチンやお風呂、床材、壁材などはある程度選ぶ事が出来るでしょう。
しかし、最終的にはショールームに行って本物を見る事をオススメします。
ネットで買ったものが失敗とかあるでしょう。
実物を見ないと分からないものが多いからです。そこで注意点があります。ショールームに行くとランクの高いものが沢山展示されています。それに目移りしてどんどんリフォーム価格が上がっていくことです。これは要注意。
 
この辺を把握しておけば、どのリフォーム会社が健全で、どのリフォーム会社がボッタクリの見積もりか分かってくるはずです。
逆に、あまりにも安過ぎる見積もりも危険です。
工事が途中で停まったり、手抜き工事だったり。。。
 

 
無駄な材料や人件費を省けば健全なリフォームを行う事が出来ます。
あとはリフォーム完成後に満足するかしないかです。
満足度が高ければ成功したリフォームと言えるでしょう。
その為には、出来るだけリフォームの現場に行って完成予想の想像通りか確認する事が大切です。
出来れば職人さんと仲良くなったり、思いやりを持って接する事が重要です。
「お金を払っているのは俺だ!」「俺はお客様だぞ!」という気持ちで接するとそれに対応した仕上がりになることもあるので注意しましょう。
また、人間性や信頼関係も重要ですので、誰が見てもダメだという場合は監督さんに伝えて修正や変更をしてもらいましょう。
中には監督さん自体がダメな場合もあるので、上司の人に伝えて監督さんを変えてもらうケースもあります。
あくまでリフォームは1つ1つ手作りで、気持ちのこもったものです。信頼関係を作り上げて満足行くリフォームに仕上げましょう!

タイトルとURLをコピーしました