電話番号:0120-136-888 受付時間:9:00~21:00

フローリングと樹脂タイル

床をリフォームする際、一般的な住宅の場合、和室は畳洋室はフローリングを使用していることがほとんどだと

思います。

畳は表替えをするだけで綺麗になりますので比較的安易に交換することができます。

フローリングの部分に関しては、一度めくってフローリング材を張り替える方法と現状のフローリングに上貼りす

る方法とがあります。

後者の場合はドアの仕切りなどと現状のフローリングとの段差が、今度貼ってくるフローリング材の厚みより

ある場合に施工が可能です。

フローリングも、前回アップさせていただいた建具と同様、新建材と無垢があります。

新建材は、反りやしなりが少なく手入れも簡単ですが、プリントになるので削れたりすると中の心材がむき出しに

なってしまします。

無垢材の場合、多少の反りなどが出たりはしますが、本物の木の温もりと柔らかな感触があります。

また、塗装も自由に可能ですので風合いも出しやすくデザイン性も非常に高い表現ができます。

また、もう一つの方法としては樹脂タイルという選択肢もあります。

樹脂タイルは厚み3ミリの樹脂でできたフェイクのフローリングのことです。

しかしながら、最近の樹脂タイルは、皆様が普段行かれているカフェや美容室、服屋さんや各飲食店舗で高級感のある

床に見えているほとんどが、この樹脂タイルで施工されています。

どんなに高級な木種(カリン・黒柿など)を選んでも費用は一律で、重歩行(土足)に耐えるほどの耐久力があります。

フローリングの上に捨て貼りをすれば、一般住宅でも比較的簡単に施工することが可能です。

画像で見ていただいても、遜色はないと思います。

しかしながら、樹脂でてきている為方面がかたく素足等で歩くと硬さと冷たさが木になると思いますが、一見本物にしか見え

ないでしょう!

安価に施工することが可能な為一つの選択肢としてご提案させていただいております。

タイトルとURLをコピーしました