電話番号:0120-136-888 受付時間:9:00~21:00

防水性もデザインも◎!京都のキッチンのリフォームはモールテックスで!

最近人気が急上昇している『モールテックス』という新しい左官素材をご存知でしょうか?

名前だけ知っている方や興味はあるが、特徴をよく知らない方も多いというのが現状でしょう。

今回は、そんな『モールテックス』の特徴やメリットを、わかりやすくお客様に説明させて頂きました。

お客様
空間デザインエイトさん、ちょっとお聞きしたいことがあるんですが、宜しいですか?
リフォームスタッフ
はい、なんでもお聞きください!

お客様
我が家はこれからキッチンのリフォームを考えていて、リフォーム雑誌や素敵なキッチンの写真をたくさん見ていたんですが、ようやく理想のキッチンを見つけたんです!この雑誌のこの写真のキッチンをちょっと見てもらえますか?
リフォームスタッフ
なるほど、確かにこの写真のキッチンは高級感があって素敵なキッチンですね。お客様のご自宅のキッチンのデザインも、同様のものを考えられていらっしゃるんですか?
お客様
はい。うちもできれば、この写真みたいなモダンで素敵なキッチンにしたいと思っています。でも、この写真のキッチンの材質や素材がわからなくて…。リフォームに詳しい空間デザインエイトさんなら、何かご存知じゃないかと思って。
リフォームスタッフ
はい、こちらのキッチンに使用されている素材は『モールテックス』と言って、ベルギーのBELL社が開発した左官塗材なんです。弊社でも取り扱っている素材なので、お客様の疑問点には何でもお答えできますよ。
お客様
モールテックスという素材なんですね。この写真のキッチンだと大理石のようにも見えて、高級感がありますよね。
リフォームスタッフ
モールテックスは大理石調だけではなく、セメントの質感やコンクリート調にも仕上げられます。カラーバリエーションも豊富なので、例えば青みを帯びた爽やかな風合いにも出来ますよ。こちらのモールテックスのカタログを御覧ください。

お客様
あら!素材と色味でこんなに感じが変わるのね!大理石のキッチンはよく見かけるけれど、モールテックスを使うともっと変化がつけられて面白そう。
リフォームスタッフ
それに、モールテックスの良さはデザインだけじゃありません。セメントに樹脂を混ぜて開発されているので、水を通しません。そのため、お風呂場や洗面所、そしてキッチンなどの水回りにも使えるんですよ。
お客様
確かに、ただのコンクリートやモルタルには防水性ないものね。うちのキッチン、今タイルなのよ。
リフォームスタッフ
実は、モールタックスはタイルの上からの施工も出来てしまうので、タイルを除去せずにリフォームが可能なんです。
お客様
え?!そうなんですか。
リフォームスタッフ
はい。モールテックスはコンクリートももちろん、木材、タイル、ガラス、金属など、あらゆる材質に塗り付けができるということも特徴なんです。しかも、1~2mm程度の薄塗りでも、コンクリートの約5~6倍の強度があるんですよ。
お客様
そんなに素晴らしい素材だったら、是非我が家のキッチンのリフォームに使って頂きたいわ!でも、費用はどれぐらいかかるのかしら?
リフォームスタッフ
弊社では、平面に施工する場合は、¥15,000/㎡〜¥20,000/㎡で、湾曲していたり、出入りずみがあったりする場合は、¥20,000/㎡〜¥25,000/㎡ほどです。
お客様
やはりそれなりに費用がかかりますね。うーん、でもキッチンは毎日使うところだし、リフォームするのなら、満足行く結果にしたいわね。
リフォームスタッフ
モールテックスの施工は複雑なので、最低3層塗るなど、手間と日数がかかってしまいます。そのため、モールテックスの素材自体はそれほど高くはないのですが、費用は高額になる傾向があります。
お客様
それなら、自分でDIYできたりしないかしらね?(笑)
リフォームスタッフ
モールテックスの施工は複雑なので、工務店の中でも資格がないと扱えません。弊社では、モールテックスの施工勉強会を定期的に行い、モールテックス専門の高い技術を持った専属の左官職人さんが沢山在籍しています。
お客様
やはり質の高い素材を長持ちさせるには、一流の職人さんの力が必要よね。
リフォームスタッフ
はい。弊社は特にキッチンなど水を沢山使う場所にはさらに防水処理をして、長く使って頂けるように施工いたしております。
お客様
それなら安心ね。じゃあ、この写真のような素敵なキッチンが実現できるのね?
リフォームスタッフ
はい、必ずお客様の満足行く素敵なキッチンをモールテックスで実現させて頂きます!

モールテックスに関する疑問点やお見積りは、どんな小さなことでも空間デザインエイトにお問い合わせください!

モールテックスの詳しい内容はコチラ

タイトルとURLをコピーしました