電話番号:0120-136-888 受付時間:9:00~21:00

店舗のディスプレイ棚を製作させていただきました。

店舗は外観や内装なども大事ですが、商品のディスプレイもとても重要な要素のひとつです。

店舗のディスプレイでは、お客様の目を引いたり、興味を持ってもらったり、見てみたい、手に取ってみたいと思わせる雰囲気づくりはもちろん、わかりやすい陳列、より良く見えるような演出などが大切になります。

お店の雰囲気や世界観など、オリジナリティのあるイメージ作りにも重要なディスプレイ棚、店舗作りのプロに相談してみませんか。

>>> 店舗ディスプレイに関するご相談はこちら

店舗のディスプレイ棚 大切な要素とは

店舗什器を選ぶ際には、

  • ・お店のイメージ
    ・内装の統一感
    ・適度な空間作り
    ・ターゲットに合わせたコンセプト
    ・見やすく手に取りやすい陳列
    ・清潔感のある陳列
    ・立体感のある演出
    ・商品のサイズに適した陳列方法
    ・商品の雰囲気に合った什器の素材

などが大事な要素となってきます。

店内に一歩入って、ワクワクするような世界観などを演出できれば、お店を訪れるお客様も滞在時間が長くなることでしょう。

逆に、せっかく店内に入って頂いても、ディスプレイやアピール方法などが良くなければすぐに立ち去られてしまう可能性が高くなります。

お店の外から「入ってみたい」と思わせる、またゆっくりと見て頂けるディスプレイをするには、個々の商品を引き立てるディスプレイ棚の役割も決して小さくないのです。

店舗ディスプレイのスタイル

店舗ディスプレイでは、

  • ・ナチュラル系
    ・アンティーク調
    ・ヴィンテージ風
    ・古材風
    ・和風
    ・エレガントスタイル
    ・クラシックスタイル
    ・カントリー調
    ・アジアン風

など、デザインのコンセプトや統一感も大事です。

ここで、先日弊社でご依頼を頂いた店舗のディスプレイ棚をご覧ください。

木の素材感を活かした店舗のディスプレイ棚

木の素材感を活かしたディスプレイ棚をご希望とのことで、サイズなどご相談の上で作成させて頂きました。

こちらの店舗、床は木目調、内装壁はブラックを基調としたインテリアです。木のナチュラルな質感の棚が加わることで、ブラックのやや辛めの表情に優しい雰囲気がプラスされました。

このように、棚ひとつでもお店の雰囲気というのは大きく変わります。

ディスプレイ棚の作成は店舗リフォームのプロにおまかせください

店舗全体でどういった雰囲気を出したいのか、何を陳列したいのか、どういったサイズ感の棚が必要なのか、そういった部分も含めてディスプレイには工夫が必要です。

弊社では、店舗リフォームやリノベーションを多数手掛けており、その内装、店舗什器などの設置も数多く施工した経験がございます。

店舗のディスプレイ棚の設置などで迷ったら、お気軽に弊社にご相談下さい。ご相談やお見積りは無料です。

店舗リフォームのプロがあなたの店舗にぴったりのご提案をさせていただきます。

>>> 店舗ディスプレイに関するご相談はこちら

タイトルとURLをコピーしました