電話番号:0120-136-888 受付時間:9:00~21:00

京都市お風呂交換リノベーションのユニットバス組立工程

京都の中古住宅で古いタイル張りの寒いお風呂からユニットバスへ、リノベーション工事をしています。前回はコンクリートで土間打ちをしたところまでご覧頂きました。
お風呂場の土間打ちの様子
土間コンクリートが乾燥したので、ひきつづき浴槽とユニットバスの枠となる部分を設置していきます。

新しい浴槽が入りました。以前に設置されていた浴槽よりかなりゆったりと入れるサイズになっています。

タイル貼りで足を踏み入れるとひんやりとしていたお風呂場の床もユニットになり、お掃除などお手入れも格段にしやすくなります。

枠組みが完成したら、こちらのパネルをはめ込んでいきます。
このように住宅の壁とユニットの壁の二重構造になるので、ユニットバスは冷えにくく、古い在来工法のお風呂とは快適性が違います。

今回、窓側の壁は壊さずにそのまま残します。

給湯器に繋がる配線もそのまま利用します。

ユニットバスの高さは既存のお風呂より一回り低いタイプで設置しています。

 

冷えるお風呂をリノベーションで快適に

ヒートショック対策にもなるユニットバス

在来工法のお風呂、特に築年数の経過しているお風呂は冷えるものです。
お風呂場の冷えは、ただ寒いというだけでなく、ヒートショックなど命に関わるなど健康面での危険性もあります。
特に暖房の効いた部屋から冷え切ったお風呂へ、また、冷たいお風呂場から浴槽の熱いお湯に入るといった温度差が血圧に影響してヒートショックが起きる危険性が増すのです。

古いタイル張りのお風呂というのは、断熱性が低い場合が多く、お風呂場全体も、また浴槽のお湯も冷めやすく、さらにひび割れや、古い窓まわりからの冷気も気になるところです。

心地いいはずの自宅のお風呂で倒れるなどの事故は避けたいもの。そんなときは、自宅のお風呂場を快適なリラックス空間にするために、ユニットバスへのリノベーションがおすすめです。

ユニットバスというのは、建物とユニットバスの壁の2重構造となるため、在来工法より温度変化が少なく、冷えにくいというのが大きなメリットです。

お風呂など住宅のリノベーションはプロに相談

お風呂をユニットバスに変更する際は、場合によっては二重窓にしたり、浴室暖房を設置したり、バリアフリーにしたり、さらなるリノベーションをプラスすることも可能です。せっかくならまとめて工事をしたほうがお安くすみます。まずはご相談下さい。

毎日の疲れを癒やすお風呂が快適な空間となるよう、これまで様々な住宅のリフォームを手掛けたプロが可能な限りリーズナブルで、かつ最適なプランをご提案致します。

リフォームやリノベーションについてのご相談やお見積もりは無料ですので、お気軽にご相談下さい。

>>> リノベーション・リフォームに関するお問い合わせはこちら

タイトルとURLをコピーしました