京都 リフォーム ブログ
■サイトマップ

京都 リフォーム ブログ

屋根葺き替えリフォームを京都市山科区Y邸から承りました。

此処何日かで一気に気温が下がり、秋を通り越して冬の様子が見えてきた今日この頃ですが、昼間移動中の車の中は暖かく服装に困っています。
さて今回は、先々月起きた台風の影響で未だ改修が終わっておわっておられない状態の、屋根リフォーム工事を承りました。

一戸建ての建物は鉄筋コンクリートでできている、2軒続きの一般住宅です。お施主様邸と隣接している御宅は、昨年当社でフルリノベーションさせていただいた息子様が住んでおられます。

この二軒は屋根が一体化しており二軒分が一面の屋根となっています。

先々月の台風で、屋根材であるシングルアスファルトが、経年劣化し台風の突風によってめくり上がってしましました。その破片が敷地内にたくさん降ってきたことでお施主様は気付かれたようです。

相当な風だったため、屋根に上がってみるとか詐欺部分として使われていた瓦屋根の飛ばされて割れていました。

このような状況でしたが、お施主様はどうしていいかわからず、気にはされていたようですが、どこのも相談することない状態でした。

今回は、当社が息子様の御宅の定期点検でご連絡させていただいた際に、このようなことでお困りになられているということがきっかけで、承らせていただく運びとなりました。
屋根や壁は、経年劣化っが進みすぎ雨の侵入を許してしまうと、塗装などのほぜん工事では追いつかなくなり葺き替えや張り替えといった、もう一段階費用がかかってしまう工事になってしまします。

壁のひび割れや、室内のシミなどお気付きの点がございましたら、お気軽にご相談ください。

リフォーム見積もり適正価格の判断方法とは

リフォーム業者からの見積りが適正な価格かどう判断すればいいのでしょうか?

 

 
リフォームの際、相見積もりをした時に業者の見積もり価格が大きく違う事になる時があります。
 
「一番安い所にしようか?」でも、手抜き工事をされるのは一番困ります。
 
「一番高い所は?」ボッタクられてないか心配です。
 
複数の工務店や建築会社で相見積をとっても全く同じ項目ではないので妥当な金額なのか分かりません。
 
そもそも、自分が建設やリフォームのプロじゃないので分かる訳がないのです。
 

見積もり金額が安いには訳がある


見積もり金額が安いには安いなりの理由があります。
 
【良いパターン】
・手が早くて上手な職人さんを使っている。
 
・効率の良い作業、無駄の無い材料選び。
 
・効率の良い業者なので、利益を多く取っていない。
 
【悪いパターン】
・手が遅くて、無駄の多い職人さんを使っている。安いなりの仕上がり。手抜き工事。
 
・契約を取りたくて極端に安い見積もりを出し、後から追加請求をする。
 
・材料選び、職人さん選びが下手な業者。
 
 

見積もり金額が高いには訳がある


見積もり金額が高いには高いなりの理由があります。
 
【良いパターン】
・一流の上手な職人さんを使っている。演出、安全対策、環境面まで完璧。
 
・リフォームの仕上がりが完璧。
 
【悪いパターン】
・単なる利益重視。
 

適正な価格か判断しやすい見積りの依頼方法。



A社、B社、C社ともに同日、同時間に来てもらい、一斉に全員に同じ内容の見積りの説明をする方法です。
 
全員に「洋室」「寝室」「トイレ」と工事箇所、自分のリフォームイメージや予算などをしっかりと伝え
 
出来れば、リフォームで採用したい設備・建材の種類や型番も指定するのがベストです。
 
リフォームのトラブルを未然に防ぐためにも
 
自分の伝えた事と、相手の受け止めた事が合致する事が最も重要なことです。

でないと、施工後に追加料金を請求され、結局高くついてしまったりすることもあります。
 
 

リフォーム業者からの見積りチェック項目



1.自分の伝えた事と、リフォーム業者の受け止めた事が合致している見積りなかの確認。
 (工事をする範囲、建材や設備のグレードや品番、希望通りの工期、支払い方法や時期)
 
2.各業者の見積もりを比較し、見積り漏れ(見落とし箇所)の発見。
 
3.使われる設備や部材のメーカー・型番と価格を確認。数量が正確か見抜く。
 
4.雑費、運搬費、処分費など不明確な金額は徹底追求。
 
5.「別途工事」という項目が見積りに含まれている場合は要注意。
 
 

リフォーム見積もり適正価格の判断方法


見積書の書式は、業者によって違いますし、見積書に書かれている内容も違います。
 
それでも、同じ工事をするのですから、見積書に共通の内容が必ずあるはずです。
 
同じ意味合いの数字を、それぞれの見積書から抜き出して比較する事が大切です。
 
その中から良い所取りをして、自分なりの適正価格をイメージして
 
再度、リフォーム業者に交渉、アドバイスを受ける事をするのがベストです。

ビルの空室が多くて悩んでる? こんな解決方法があったのか!

ビルのテナントの空室が多くて悩んでいませんか?


ビルのテナントの空室が多くて悩んでいるオーナーさんは少なくありません。

1階や2階はテナントが入るのですが上階は入らない。。。そんな悩みは絶えません。

一般的なビルのオーナーは、お金持ちとかという話ではなく

リスクを引き受けてビルという資産を運用してお金を稼いでいるだけであって

それは不労所得と呼ばれるものかもしれませんが、決して楽にお金が入ってくるわけでもありませんよね。

そんなビルオーナーの最大の悩みである『空室問題』

ローンの返済だけでなく税金や生活費の心配のこともあるので一刻も早く解決しないといけない問題です。

入居の募集を不動産会社に任せているだけではこれまでと同様に空室のままの可能性は高いと思います。
 
 

それなら思いきって大きく舵を切って「ゲストハウス」や「レンタルルーム」


間取りは簡単でOKです。
 
工事は壁、ドア、床、トイレ、バスルーム。。。大掛かりな工事は不要です。
 
特に高い設備は最小限にしましょう。


 

「ゲストハウス」や「レンタルルーム」の集客は?


今はネットで検索してホテルやゲストハウスを探す時代です。有名なアプリとしては
 

Airbnb (エアビーアンドビー)世界の空部屋シェアサイト
 

ホームアウェイで民泊:短期滞在用の別荘・ヴィラ等のバケーションレンタルをご紹介
 
など、他にも多数のアプリやサイトがあります。
 
民泊仲介の専門サイトAirbnb(エアビーアンドビー)は、約5万1千軒を掲載し2016年は延べ370万人超に利用されています。


「ゲストハウス」や「レンタルルーム」運営のシュミレーション


このシュミレーションは100%の客室が埋まった状態で、こんな極端な事は無いでしょうけれど

普通のホテルの客室稼働率の全国平均は60%で、京都市内の客室稼働率は92.0%と非常に有利です。
 
空きビル、マンション、テナントをお持ちの方はご相談ください。

ワンランク上のリフォームを京都で(タイル・モールテックス)

一気に寒さも進み秋を通り越して冬の入り口に行ってしまった気がします。

 

今回は、床や壁のフィニッシュの方法でイメージや高級感に変化をつける方法です。

 

一般的には床といえば、フローリングや樹脂タイル、クッションフロアやカーペットという仕様が標準的です。また壁や天井もクロスで仕上げたりしますが、シエロデザインではそれ以外のフィニッシュにもトライしています。

 

床でいえば、タイルです。一般的床に使うタイルは公共の場などでよく目にする四角いタイルですが、様々な形の物をご提案させていただいています。

例えばヘキサゴンの形をしたものを取り入れることによって和モダンな印象に近づけたりすることができます。

 

 

完全なラグジュアリー感をご提案させていただく場合は、ガラスや複雑な塗装や焼き入れがされたものでオーバルや幾何学的なデザインをしたものをご提案させていただきます。

 

壁に関しても、タイルは非常に有効的にデザインを起こすことができます。

 

立体的なタイルを使うことによって、尖ってはいないが表情があるイメージを表現できたり、ガラスモザイクタイルを駆使することのって様々な表現が可能です。

 

また、モールテックスという特殊な塗装を駆使することによりモルタルのような仕上がりを複雑な面にも表現することができます。

 

 

温かみを求めた、木材での表現も可能で、その場合木種や凹凸、春向きなどで随分イメージに変化をつけることが可能です。

 

 

シエロデザインでは様々な素材を駆使して、お客様のイメージを形にしたご提案をさせていただきます。

ご興味を持たれましたら、京都のシエロデザインまでお気軽にご相談ください。

京都からでも行けるアーキテクツ・オブ・ザ・イヤー 2017「越境プロジェクト」展が開催されています。

今週は、木枯らし1号も吹きすっかりと秋を深めてきました。

 

さて今回は、ただいま大阪の日本橋の家で10月27日より11月12にちまで開催されている若手の建築家による企画展

Architects of the Year 2017

のご紹介です。

2015年から始まったこの展示会は、外年の建築家として新進気鋭の若者らが、毎年異なるコミッショナーによってお題を出され、それに沿った展示を行います。3度目の今年は遠藤周平が「越境プロジェクト」というテーマで募集した中から、10組が選ばれ、建築業界の常識や枠組みを超えて行こうとする試みになっているようです。

 

展覧会コミッショナー 遠藤秀平(建築家/神戸大学大学院教授)
展覧会コーディネーター  竹口健太郎(建築家/アルファヴィル一級建築士事務所)
日本橋の家プロデューサー 倉方俊輔(建築史家/大阪市立大学准教授)
会場提供 金森秀治郎(日本橋の家オーナー)
会場構成 吉川青(アトリエトレス)
企画協力 uug
主催 一般社団法人日本建築設計学会
協力 生きた建築ミュージアム大阪実行委員会

 

上記と同時開催されているのがイケフェス2017「日本橋の家」一般公開です。

日本橋の家は、日本では一番有名な建築家である安藤忠雄氏が設計した、日本橋にある住宅です。

持ち主がこの建築物の魅力を一般の方々に知っていただきたいと、関西から建築を発信していく拠点として、コンクリートのよさを生かした空間として生まれ変わった場所です。

 

シエロデザインでは、京都からでも行くことのできるイベント情報や展示物のご案内もいたしております。

リフォームやリノベーションにご興味がある方はお問い合わせください。

 

 

 

 

京都でお手伝いさせていただいているレンタル着物店が奈良にもオープン

毎週のように大型の台風が京都を襲い、被害が拡大していますが、皆様はご無事でしょうか?

 

さて今回は、昨年京都の五条烏丸交差点の吉野家の隣のビルの2階に新規店舗として作らせていただいたレンタル着物店「桜京」様(クリック)が、今年の川端五条交差点のダイコクドラッグ上の清水五条店(クリック)に引き続き、今月JR奈良駅前にもオープンされました。

 

 

近年は京都のレンタル着物店が飽和状態にあり、店舗の立地やプラン内容、品ぞろえなどでかなりしのぎを削っているように見えます。

 

最近、海外観光客が奈良を訪れる方が増えていることに着目したお施主様が、京都での新規オープンを保留にし、奈良での出店に踏み切られました。

 

今回は、美容室の居抜き物件ということもありあまり内装を大きく触らずに作られました。

 

また、ツアー客に特化した店舗ということで、あまり流動客を意識せずに作り上げています。

ご興味がおありの方は是非一度「桜京」さんのホームペーを覗いてみてください

クリック

 

 

シエロデザインでは京都でのリフォーム・新規店舗のみならず大阪や奈良といった隣接県での工事も請け負わせていただいております。

 

お気軽にお問い合わせ、ご相談くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

京都でも台風被害がかなり出ています。必要に応じ仮設対応もいたします。

このところ、ずっと天候不順が続いていて生活や工事が予定どうりに進みません。

 

先週末から、月曜の未明にかけて近畿地方を通過した超大型の台風21号ですが、京都や滋賀でもかなりの被害が出ています。

 

当社のお抱え大工さんの工場の屋根が飛んで行ったり、京都の島津製作所の工場の屋根等も被害を受けています。

 

また、自分が通りかかった滋賀県の堅田にあるケンタッキーの看板も折れて落ちてしまっていました。よくけが人が出なかったと思うようなレベルでした。

 

シエロデザインにも何軒かの問い合わせが入ってきています。

宇治の方で屋根の一部分が破損し飛ばされたケースがありました。

屋根や壁を回収する場合、足場を組むケースが多いのですが他にも被害が出ているところが多く、20件待ちで受けてくれないがありました。幸い当社の場合4社とお付き合いがあり、なんとか手配をして行くことが可能な状態です。

京都市中京区西ノ京のあたりでも東側の壁が崩れ落ちてしまっていました。協会に建てられているブロック塀との隙間が25センチほどしかなくないいい度の高い修繕になりそうですが、できるだけ安価にすむ方法を検討しています。

 

また、京都でシャッターが風で押し曲げられ、見たこともないような形に変形してしまったケースもありました。この場合は補修は不可能で交換になります。

 

国宝の彦根城の壁も今回の台風で漆喰壁が大部分崩落してしまったようです。

 

今週末も22号が直撃するかもしれないということで、屋根や壁の仮説補修が必要な場合も対応させていただきますので、シエロデザインまでご相談ください。

 

誠心誠意ご対応させていただきます。

ハイエンドユーザー向けのユニットバスが増えてきました。

週末に台風が関西に近づくようなので不必要な外出は控えた方が良いかもしれませんね。

この時期の台風は、大きな被害が出るケースが多いようです。

 

さて今回は、以前大阪で大規模なリフォームをさせていただいたお客様が、ユニットバスの交換をを考えておられて、LIXLから新しく出ているSPAGE(スパージュ)を希望されていました。

 

このところ、主要メーカーが落ち着いたハイエンドモデルが相次いで発表されているように思います。

 

LIXLのスパージュは浴槽についている水栓が特徴的で独創的でリラックスできる空間を演出しています。

 

また、各メーカも必ず採用しているものがオーバータイプのシャワーヘッドです。従来のシャワーより打たせ湯的な要素が加わります。

 

 

TOTOからはSYNLA(シンラ)という商品が発表されています。

侍従の商品で採用されていたホッカラリ床や魔法瓶浴槽といった基本性能はしっかりと活かされたまま、よりシックにデザインを追求した仕上がりになっているように思います。

 

 

床デザインも高級感のあるフェイクモザイクタイルですがリアルな仕上がりです

 

 

ユニットバスリフォームは京都のシエロデザインにおまかせください。

リフォーム進行中の京都市右京区D邸でアラウーノの新型設置しました。

今週に入り、ぐっと気温が下がりました。また今週はほぼ一週間雨ということで洗濯物が困りますね。

 

さて今回は、内装工事もほぼ終了に近づいてきた京都市右京区のD邸で、トイレの交換工事をしました。

 

現在は、手洗器のないトイレに給排水の隠蔽工事なしで設置可能なアラウーノシリーズがニューデザインで発売されており、今回はそのモデルを採用させていただきました。

 

最近のトイレはタンクレス化が進みタンクがないため、手洗器を別設置しないといけなかったのですが、トイレの給排水を分岐し、棚下の配管カバーでスッキリと収まり良く露出配管が可能なアイテムです。


また出幅も役10センチ程度ですのでかなり内寸が狭いトイレでもほとんどの場合は施工することができます。

 

水栓も手動とセンサー式の自動水栓を選ぶことが出き自動水栓用の電源もコンセント式なので、トイレの電源から分岐可能で特別な工事が不要です。

 

そして、今回のアラウーノの特徴としてスタイルや設置場所に合わせて10色のカラーバリエーションが出ました。

 

便器自体が陶器で出来ているTOTOやINAXなどのトイレの大きな違いは、アラウーノの場合特殊な樹脂で出来ているためは発色が限りなく自由で、尚且つ上部のみのカラーリングでツートンカラーになっているためいやらしさがなくスタイリッシュに収まっていました。

 

 

リフォームやリノベーションの際にはクロスや床材と合わせて雰囲気のある空間を演出することが可能になりました。

 

また、リモコンデザインも一新されブラック仕様が選べるようになっていました。

 

今回、採用にあたり問題点が一点だけありました。それは、白以外のカラーは受注生産品で発注から約2週間の納期がかかりましたので、お急ぎの場合は余裕を持っての注文が必要です。

 

シエロデザインではトイレ交換や給湯器の交換など小規模なリフォームも全力で取り組ませていただきます。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

35歳以下の建築家の展覧会があります。リフォームや新規店舗を京都でお考えの方に是非行ってみてほしいです!

最近まで季節外れの真夏日が続いていたのに、今週はいきなり11月下旬並みまで気温が下がるらしいですね。

周りでも、風邪をひいている感じの人が何人かいますが、皆様は大丈夫でしょうか?

 

さて、先週はリビング&デザインが開催され、様々なアイテムや商材が発表されましたが、足を運ばれた方はどうでしたでしょうか?

 

今週10月20日からはUnder 35 Architects exhibition 2017(アンダー5アーキテクツエキジビション)

 

上記のタイトルで日本ほ35歳までの有能な建築家をヒューチャリングし、露出を増やしていこうということで、作品を公募で募り、建築史・建築評論家 五十嵐太郎氏による厳正な審査を経て、出展若手建築家による展覧会を開催しています。

 

選ばれた、建築家とのシンポジウムも行われコアな方も満足のいくイベントになっています。

 

記念シンポジウム
2017年10月21日(土)15:30-19:30

(14:00開場 15:30第一部開演 17:20第二部開演 19:30終了 )

 

第一部は、35歳以下の建築のプレゼンテーションに加えて、審査する建築家による進行中のプロジェクト紹介があります。

第二部は、ゲスト建築家 × U-35 出展者による討論会があり、審査員による審議・表彰を行います。

詳しくはここをクリック

 

20日から30日まで梅北シップホールで開催されています。

ご興味がおありの方は是非行ってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 15今日の閲覧数:
  • 169昨日の閲覧数:
  • 1107先週の閲覧数:
  • 1678月別閲覧数:
  • 12今日の訪問者数:
  • 72昨日の訪問者数:
  • 710先週の訪問者数:
  • 1072月別訪問者数:
  • 100一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 57598総訪問者数:
  • 2015年3月10日カウント開始日:
  • 99274総閲覧数:


▲Pagetop

最終的に当社より安いところがあればお知らせください。精一杯の努力をさせて頂き、徹底対抗させて頂きます。
お問い合わせはこちら お問い合わせいただくと夢が叶います。予算が無くても根性でなんとかなります。
みんなで止めよう温暖化 チーム・マイナス6%

シエロデザイン グリーンワランティ(省エネ住宅設備10年パーフェクト保証)加盟店
〒604-8241 京都市中京区釜座町22 ストークビル三条烏丸 5F
Tel
075-221-0771 (受付時間:10時~19時) Fax 075-221-0772 E-mail:info@cielo-ds.com

各種リフォーム、新築一戸建てを専門とする京都の工務店です。

京都でプロスキルを活かした住宅環境を。オール電化住宅、リフォーム、土地活用・資産運用もご相談ください。
Copyright © Cielo Design. ALL RIGHT RESERVED.

HOME | 戸建住宅 | マンション | 店舗 | リノベーション | 新築・注文住宅 | 美容室 | オール電化 | 会社概要個人情報保護 | サイトマップ | ご相談・お見積り
 家庭用核シェルターの設置、施工費用

滋賀県のリフォームはコチラ
© 京都 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.
昨日169 本日15