電話番号:075-365-8885 受付時間:9:00~21:00

安いリフォームや新築住宅は罠がある。

住宅メーカーや大手リフォーム会社が、チラシ等で「コミコミ◯◯万円」等と
宣伝しているのと、実際の見積もりの金額に大きな差があるのには、
いろんなカラクリがあるからです。
では、カラクリを暴いていきましょう。

坪単価
「坪単価19万円」等、新聞の折込チラシやTV、ラジオで安い新築住宅の
宣伝を見たり、聞いたりします。
単純に「坪19万円×30坪なら570万円で新築が建つのだ」と、思い
もしくは、それに近い価格で新築が建つのだと思い、問合せたり
住宅展示場に出向いたりしますよね。

そこには、大きな罠があります。

坪単価は通常、延床面積で割りますが本体価格を安く設定して、

延床面積を大きくすれば坪単価は安くなります。

本体価格には何が含まれているのか?
過激な宣伝で多くのお客様を集め、数%でも成約すれば良いという技です。
もちろん、本体価格意外にも外構工事や水道、ガスの引き込み等
別途必要なものも沢山あります。
キッチンのカランを変更すると数万円アップ。
浴室乾燥機を付けると数十万円アップ。
部屋を広げると数十万円アップ。
シューズボックスを付けると数十万円アップ。
まだまだあります。これも別途金額なの!?みたいな。。。

通常、水道の引き込みの工事費が30万円掛かるとします。
しかし、新築を建てるなら、建てる会社が同時に工事しますよね。
見積もりをご覧ください。60万円になってます。

1000万円、2000万円の買い物をする時に30万円は
目に入りにくく、気付きにくいものです。
さらに、「絶対に同じ会社で工事をしなければいけない」
「その部分だけ、相見積もりは無い」という固定観念の心理を
逆手に取ったやり方です。

リフォームでも同じです。
壁をめくりました。柱が腐ってます。交換しますか?
「絶対に同じ会社で工事をしなければいけない」
「その部分だけ、相見積もりは無い」
誰だって、そう思ってしまいますよね。
めんど臭いのもありますし。
柱1本交換5万円、10万円と言われても
高いのか、安いのか解りませんよね。

過激に宣伝している会社に注意!
宣伝だって、相当な費用が掛かります。
新聞折込みのチラシを京都市全域に入れると数百万円必要です。
◯◯区だけでも、数十万円の費用が必要です。

宣伝費を掛けるには元を取り、利益を出す必要があります。
でないと、会社が継続出来ません。
では、その利益はどこから回収するのでしょうか?

私の個人的感覚では、

こんな感じだと思います。

しかし、新聞折込やTV、ラジオ等の宣伝をしていない、展示場も無い
地元の工事業者の場合は

こんなイメージです。

価格を落とせば質が下がるのは当たり前ですが、
質を落とさず、価格を下げる方法は、地元の業者に工事を頼む事ですね。

デメリットとしては、営業能力やプレゼン能力が大手の会社よりも無い事です。
しかし、そこは自分で一生懸命イメージを伝えたり、打ち合わせに時間を掛けたり
ショールームや、インターネットで商品や作品を探したり、努力すれば
何とかなる部分もあります。

それで、大きなコストダウンになる場合もあるのです。

単なる、相見積もりをして回り、最終金額しか見ないのは損です。
リフォームや新築を行う場合は、ある程度の知識を持ち、
見積書や、図面を理解出来る力を付けると、失敗の無い工事が出来ます。

PR
マットレスの通販ならマットレスジャパン
マットレス

タイトルとURLをコピーしました