電話番号:0120-136-888 受付時間:9:00~21:00

空爆シェルターでミサイル及び空爆対策を準備しよう!

空爆シェルターとは

シェルターと言っても様々なシェルターがあります。
よく聞くのが「空爆シェルター」「地下シェルター」「核シェルター」など。
これは、同じシェルターでも、どんな違いがあるのでしょうか。
間違えると、命をも落としかねない大切なことなので、しっかりと理解しておきましょう。

地下シェルター空爆シェルター核シェルター
頑丈な造りとは限らない空爆の衝撃に耐える構造空爆の衝撃に耐える構造
煙や放射能汚染に弱い煙や放射能汚染に弱い煙や放射能汚染に対応
ミサイル及び空爆が
近くに落ちると
命の危険がある。
ミサイル及び空爆が
近くに落ちても
命を守れる。
ミサイル及び空爆が
近くに落ちても
命を守れる。
防空壕や家庭用の地下室などでは、直撃した場合は命を守れない可能性が高い。ミサイル及び空爆の衝撃や爆風に耐える構造で、命を守れる可能性が高い。ミサイル及び空爆の衝撃や爆風に耐える構造で、命を守れる可能性が高い。

空爆シェルターの設備

空爆シェルターは、核シェルターと違い、放射能や煙などの大気汚染、放射熱、爆風、水害、火災などの対策が出来ていない。
従って、核ミサイルには対応していない。
しかし、現在、ウクライナで怒っているミサイル及び空爆の攻撃には耐えられる構造になっている。

家庭用空爆シェルターの例

衝撃厚いコンクリート壁、頑丈なドア
爆風地下にある事で爆風を逃れ、厚いコンクリート
火災厚いドア、厚いコンクリートの室内

上記のような設備が揃っており、ミサイル及び空爆から命を守れる設備が揃っています。

空爆シェルターのメリット

・核シェルターに比べて、安価で気軽に作れる。
・ミサイル及び空爆の衝撃や爆風、火災から身を守る事ができる。
・自宅敷地内などに作りやすい。

空爆シェルターのデメリット

・核ミサイルが近くに落ちた場合は空調設備が無いので放射能汚染する。
・核シェルターには放射性物質を限りなく排除高性能のフィルターを搭載していますが、空爆シェルターはありません。
・核シェルターの空調設備は放射性物質以外にも、VXガスや細菌なども除去し、放射能事故や、テロからも身を守ることが可能ですが、空爆シェルターでは無理です。

空爆シェルターの安全性について

ロシア軍によるウクライナ市街地への攻撃で、一般市民の犠牲者が増えている。
ウクライナメディアによると、学校や集合住宅が空爆され、がれきの中から多数の遺体が見つかったという。
万が一、日本にミサイルや空爆の攻撃を受けた際に身を守るには、空爆シェルターが必要です。
ミサイルや空爆の発射情報や近くで爆音が聞こえた際には、素早く空爆シェルターに身を隠さないといけません。
この空爆シェルターとは、なるだけ地下に設置が必要です。
地上では、ミサイルや空爆が直撃する恐れがあるからです。
直撃してしまうと、ウクライナの空爆のニュース映像で見た通り、頑丈なコンクリートマンションの壁も床も一瞬で砕け散ります。
そんな中にいれば、人間の身体なんて耐えられません。
また、空爆の直撃を免れたとしても、瓦礫に挟まって、または瓦礫のコンクリートなどに直撃して命を落とす可能性もあります。
地下に空爆シェルターを作る事でミサイルから直撃を避ける事が出来て、瓦礫からも身を守る事が出来るのです。
 
空爆シェルターの設置をお考えの際は、お気軽にお問合せください。

タイトルとURLをコピーしました